2020年6月3日水曜日

色と音とは恋人同士


その一 中島さんの個展


5月末日 朝 家庭菜園で取れた、ほうれん草とさやえんどう 
それに笹かまぼこ少々を手土産に中島さんの個展を観に行った。
「最終日の夜の晩酌に」と手渡した。
しばらくぶりで市内を車で走ったが 日曜の書き入れ時にシャッターを閉めている
店があったり、今更ながらことの重大さを垣間見た感じがした。


カラフルな中島ノブヤ展


中島ノブヤ展の 今年の テーマは 「Sing on!!」 
ややもすると行く先が不安になってしまう昨今 
楽しく前を向いて進もうよ!と絵画が語っているような愉快さだった。
24色のみの ぺんてるクレヨンで描かれている女性たちは
歌にのせてその人生を輝かせ中島さんの人生観と相まって味わい深くもあった。



全部女性の絵 テーマが曲のタイトル



タイトル 水辺の木のように



大口の女性 タイトルは「水辺の木のように」
中島さんのコメントによると曲は古い黒人霊歌で
♪~ I shall  not     I   shall  not   be  moved   ~~~♪

~私の信念は水辺に立つ一本の木のように決して動かない~~ 

思わず微笑んでしまいながらクレヨンの素朴さと色使いの微妙さ 
そしてこの大口で歌っている女性は
どんな人生を歩んできたのか考えると不思議に魅力的だ。

タイトル I get  me  kick

I get  a kick  out you  はシナトラの歌の方が好きだが
♪君にこそ心ときめく・・・♪ バックの色が赤くて情熱的 
ワイン好きは是非。


タイトル Anather  day

                                                                                                                                         

ポールマッカートニーがビートルズを解散後に作った曲 
Anather dayと記憶していて懐かしい好きな曲の一つ。  
こうなったかぁ!
 

どれも楽しくて長居してしまった。

何か一点購入しようとするが 
いざとなると中島さんの明るく楽しい合いと
白い額の雰囲気が我が家とは合わない。

インテリアと合わせること、フレーミングの楽しさと難しさを中島さんと語った。




タイトル 打ち上げ花火


何とか合いそうなトーンを落とした額無しの一枚を見つけた。 
タイトル 「打ち上げ花火」
ベースはグレーにしてみよう フレームは難しそうだ。
絵を観に来た若い男性が 言っていた。
「全員女性たちは目をつぶっていますね!」
目を伏せているからこそ観る側に想像させるのかぁ・・なるほど・・。
新しくて、でもしみじみしていて、‥そんなフレームを見つけてみよう。 
こうご期待!
後日中島さんからこんなメールが届いた。
「頂いたほうれん草、新鮮なので、さっとお浸しにして
根っこまで洗ってあったので 根っこもそのまま頂きました。
きぬさやもさっと茹でてオリーブオイルとちょっぴりお醤油で・・・
最高においしかったです。
まだまだコロナで落ち着かない毎日ですが明るくやっていきたいと思っています。」

さっとお浸しに・・のさっと表現は 男性がなかなか表現できない。
細い長い根っこをそのまま洗って持って行ったことをちゃんとわかってくれた観察力
だからこういう絵が描けるのかもしれない。
音を色に表現した中島ノブヤ展 
愉快な楽しいひと時を有難うございました。 
個展開催中このスペースでプロのトランぺッターと中島さんのベースで
セッションをしている写真をみせてくれた。私もいつか仲間に入れてもらおうっと。
                       0603 長塩小夜子